RSS

月経痛(生理痛) 漢方薬

1剤で痛みだけでなく、様々な不快な症状も改善多くの女性が、生理がくるたびに生理痛に悩まされています。
生理痛は仕方のないものと諦めている人も多いと思いますが、根本的な原因や
体質に合わせて漢方薬治療をすることで根本から改善することができます。
それと同時に冷え性、肩こり、便秘など様々な不快な症状の改善も期待できます。

月経痛とは?

どんな症状?

月に一度の生理は子宮のお掃除です。血液と一緒にいられなくなった老廃物もカラダの外に捨てているのです。生理時、またはその直前から起こる、下腹部の圧迫感や痛み、腰などの痛みを生理痛と言い、頭痛や吐き気、イライラなどの不快な症状を感じることもあります。
生理時に生じる痛みや不快な症状のうち、痛み止めを飲んだり、寝込んだりしなければならないほど、日常生活に支障をきたすほど重いものを、「月経困難症」と言います。
不快感や症状には個人差があり、出血があまりにも多かったり
傷みが激しい場合は、子宮筋腫や子宮内膜症などの疑いもあるので、一度婦人科を受診したほうがいいでしょう。


生理が起こった時に子宮内の膜が剥がれ、その時に痛みと熱と腫れが起こると言われています。また、精神的な悩みやストレス、生活習慣の乱れ、無理なダイエット、冷え、血行不良など原因は様々です。

生理痛のタイプ別症状と原因

「刺すように痛む」
タイプ
≪症状≫
・レバー状の塊がでる
・シミやニキビができやすい
・普段から肩こりがある

≪主な原因≫
汚れたドロドロの血が血行を悪くし経血が排出されにくくなっているため起こります。

「ぎゅーっと痛む」
タイプ
≪症状≫
・普段から下痢をしやすい
・生理中、腰が重くだるい
・普段から頭痛、腰痛がある

≪主な原因≫
カラダの冷えから血行が悪くなって起こります。
「しくしく痛む」
タイプ
≪症状≫
・生理周期が不規則になりやすい
・普段、お腹が張っている
・生理前に乳房が張る

≪主な原因≫
主にストレスが原因です。

漢方での考え方は?

漢方ではどのように考えられているの?

「気・血・水」のバランスの
崩れによるものと考えられています。

西洋医学の治療では、痛みに対しては鎮痛薬を用います。
人によっては胃腸障害(胃腸の炎症や潰瘍)を起こすこともあるので注意が必要です。
また、痛み止めなどの薬物療法と並行して、ホルモン療法などもありますが、ホルモン剤を使用すると副作用が問題と
なってきます。

漢方の考えでは、人のカラダは「気・血・水」の3つで
構成されていると考えられています。
この3つは、お互いに影響しあっていて、「気・血・水」のバランスが取れている状態が心身共に健康であり、これが
崩れることにより、様々な不快な症状が現れてきます。

それは、生理痛にもあてはまります。

「気・血・水」のバランスの中でも、冷え、ストレス、
過労、食事などが原因で、血の巡りが悪くなっている状態の「瘀血(おけつ)」が生理痛の一因とされています。

漢方薬治療では、「瘀血」を取ることを目的とするので、痛みだけでなく、「瘀血」によってもたらされる
様々な不快な症状が一緒に改善されることも少なくありません。これが西洋医学と大きく違う点と言える
でしょう。

養生法
まずはカラダを冷やさないことです。カラダを温める作用のある食材を意識して摂るようにしましょう。
また、血を汚す、チョコレート、コーヒー、肉類、貝類もできるだけ避けるようにしましょう。
ストレスもよくありません。心身ともにリラックスしましょう。

ポイント

・カラダを締め付けて血行を悪くさせるような下着や洋服を避け、薄着をしない。
・適度な運動でエネルギー& 血流アップ!
・よく眠り、規則正しい生活をする。
・ストレスを溜め込まないで、その日のうちにリセット!
・お風呂では、38〜40℃のぬるめのお湯にゆっくり浸かってカラダを温める。
・温かいものやカラダを温める食べ物を摂る。


漢方での治し方は?

1番多くあてはまる症状の漢方薬をお選びください。


今までどんなお薬をお飲みになっても
効果を感じられなかった方

ご自身の体質や症状にピッタリと合った
漢方薬をお望みの方

お悩みの症状の原因を根本的に
改善したい方

第2類医薬品

オーダーメイド漢方薬

経験豊富な女性薬剤師があなたに
ピッタリ合った漢方薬をお作り
いたします。

商品詳細はこちら


疲れやすい

頭重を起こしやすい(頭が重苦しいこと)

めまいを起こしやすい

肩がこりやすい

むくみやすい

冷え性である

第2類医薬品

当帰芍薬散料

商品詳細はこちら


血の巡りが悪い

シミやクマ、アザができやすい

肩がこりやすい

イライラしやすい

生理痛など、女性特有のお悩みがある

第2類医薬品

芎帰調血飲第一加減 商品詳細はこちら


シミやクマ、アザができやすい

頭重を起こしやすい(頭が重苦しいこと)

肩がこりやすい

下半身は冷えるが顔はほてる

第2類医薬品

桂枝茯苓丸料 商品詳細はこちら


のぼせやすい

イライラや不安感がある

便秘がちである

下腹部に圧迫感がある

第2類医薬品

桃核承気湯

商品詳細はこちら


強い痛みがある

第2類医薬品

オーダーメイド漢方薬

商品詳細はこちら

楽天ID決済
Copyright(c)2007-2015 akadama All rights reserved.

ページトップへ