RSS

オーダーメイド漢方薬

漢方薬とは

漢方

漢方薬は6世紀頃中国から日本に伝えられた伝統医学です。

長い年月を掛けて日本人の体質や、日本の風土などに合うよう改良が積み重ねられ、その薬効や安全性が確かめられてきた日本独自の伝統医学が漢方なのです。

西洋薬は科学的に合成された薬ですが、漢方薬は、植物の根、花、実、葉などを乾燥させたものからできています。
また、鉱物や動物などから作られる漢方薬もあります。

これらの自然の中で生育した植物、鉱物、動物などから作られた漢方の生薬をいくつも混ぜ合わせて処方したものが漢方薬です。

どこかひとつだけではない症状に

漢方薬の最大の特徴は「からだ全体を整える」ことです。

症状ひとつだけを見るのではなく、からだ全体や個人的な特徴(ライフスタイルや環境の変化など)から判断します。

漢方では、病気や不快な症状の原因は、心身のアンバランスにより引き起こされていると考えるため、体質を重要視し、その人本来が持っている治癒力を高めるよう働きます。

特に、具合が悪い部分だけでなく、からだ全体の調子が良くなります。
 症状を抑えるだけの治療ではなく根本的に改善します。

このようなことから、一見関係のないように思われる複数の症状にも1つの漢方で対処できる場合もあります。

現代医療に不安を抱えている方や処方されているお薬が合わない方、また副作用が心配な方、検査では異常がないのになんとなく具合が悪い方には「漢方薬」がお役に立ちます。
是非ご利用下さい。

楽天ID決済
Copyright(c)2007-2015 akadama All rights reserved.

ページトップへ