RSS

更年期障害 漢方薬

カラダのあちらこちらに不調が出る更年期障害には漢方薬がピッタリです!!女性の味方である漢方薬は、更年期障害にも効果を発揮します。
体質や状態、生活習慣などから、お1人おひとりに合った漢方薬治療を行うことで
気になる症状や苦痛を取り除きながら根本的に体質を改善していくことができます。

美ST雑誌掲載

更年期障害とは?

どんな症状?

更年期障害とは、閉経の前後40歳代〜50歳代の女性に起こる
症状です。閉経前後に女性ホルモンの分泌が急激に低下し、
そのため自律神経の乱れや、神経や代謝の異常が生じ、
身体的、精神的にとても辛い諸症状が起こります。


更年期に入ると、女性のカラダは閉経に向けて卵巣の機能が徐々に衰え、女性ホルモンの一種であるエストロゲン(卵巣内で作られている)の分泌量が減少していきます。
これが原因のひとつだと言われています。

更年期障害の具体的な原因

このような症状が入れ替わり立ち替わり現れます。
症状の度合いには個人差がありますが、更年期と呼ばれる
年齢の女性のうち約75%が何らかの症状を実感しています。

漢方での考え方は?

漢方ではどのように考えられているの?

「気・血・水」のバランスの
崩れによるものと考えられています。

西洋医学の治療では、ホルモン剤や精神症状を抑える抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬などを用いて治療をします。しかし、ホルモン剤を使用すると副作用が問題となってきます。

漢方の考えでは、人のカラダは「気・血・水」の3つで
構成されていると考えられています。
この3つは、お互いに影響しあっていて、「気・血・水」のバランスが取れている状態が心身共に健康であり、これが
崩れることにより、様々な不快な症状が現れてきます。

それは、更年期障害にもあてはまります。

漢方薬治療は、ホルモンや自律神経の乱れを整え、様々な
不快な症状を緩和するのに大変有効です。
体質や症状に従ってカラダ全体のバランスを整える処方を
選び治療を進めていきます。
漢方薬は複数の症状に対して効果が現れるので、様々な不快な症状が現れる更年期障害の改善にとても効果的なのです。


更年期障害の症状

「気」の異常 ≪症状≫
・のぼせ  ・頭痛
・イライラ ・肩こり
「血」の異常 ≪症状≫
・不眠
・疲労感
「水」の異常 ≪症状≫
・むくみ ・冷え
・めまい
養生法
栄養バランスのよい食事を心がけましょう。
また、睡眠をたっぷりとりましょう。ストレスもよくありません。
心身ともにリラックスしましょう。

漢方での治し方は?

1番多くあてはまる症状の漢方薬をお選びください。


今までどんなお薬をお飲みになっても
効果を感じられなかった方

ご自身の体質や症状にピッタリと合った
漢方薬をお望みの方

お悩みの症状の原因を根本的に
改善したい方

第2類医薬品

オーダーメイド漢方薬

経験豊富な女性薬剤師があなたに
ピッタリ合った漢方薬をお作り
いたします。

商品詳細はこちら


疲れやすい

顔がほてりやすい

肩がこりやすい

イライラしやすい

不安感がある

第2類医薬品

加味逍遥散

商品詳細はこちら


シミやクマ、アザができやすい

頭重を起こしやすい(頭が重苦しいこと)

肩がこりやすい

下半身は冷えるが顔はほてる

第2類医薬品

桂枝茯苓丸料 商品詳細はこちら


血の巡りが悪い

シミやクマ、アザができやすい

肩がこりやすい

イライラしやすい

生理痛など、女性特有のお悩みがある

第2類医薬品

芎帰調血飲第一加減 商品詳細はこちら


寝つきが悪い

イライラしやすい

不安感がある

普段からストレスを感じる

のぼせやすい

便秘がちである

第2類医薬品

柴胡加竜骨牡蛎湯

商品詳細はこちら


のぼせやすい

イライラや不安感がある

便秘がちである

下腹部に圧迫感がある

第2類医薬品

桃核承気湯

商品詳細はこちら

楽天ID決済
Copyright(c)2007-2015 akadama All rights reserved.

ページトップへ