オーダーメイド漢方 ペット用オーダーメイド漢方 牛黄(ごおう) AKADAMA COSMETIC
RSS

「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」

東洋医学の理論の基本には、身体や健康に関わる事柄は、すべてがお互いに影響し合うと考えます。
その基本となっているのが、「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)です。 この「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」は「陰陽説(いんようせつ)」と「五行説(ごぎょうせつ)」という2つの説から成り立っています。


「陰陽説(いんようせつ)」とは・・・

「陰陽説(いんようせつ)」とは、まず、全ての物事を「陰」「陽」の2つからとらえようとします。
『この世に存在するものすべてのは、「陰」と「陽」という対立した2つに分けられる』という考え方です。
例えば、昼があれば夜があり、夏があれば冬がある、表があれば裏がある、というふうに自然は常に2つの側面から成り立っています。
「陰」「陽」は正反対の性質を持っていますが、反発し合うのではなく、互いに影響し合い、助け合い、一方の勢いが強くなり過ぎないようにバランスを取り合って密接に関わり、お互いに欠かせないものです。


漢方においても、この考え方が人体の生理、病理の説明や薬物の分類など幅広く利用されています。陰陽説を人間に当てはめると、陰と陽のバランスがうまく保たれているときは健康であり、それが崩れると病気になるという考え方になります。

「五行説(ごぎょうせつ)とは」・・・

「五行説(ごぎょうせつ)」とは、この世に存在するものすべては「木(もく)・火(か)・土(ど)・金(ごん)・水(すい)」の5つの要素から成り立っていると考え、それらの関係を説いた理論です。この「5つのものがお互いに支配したりされたりして絶妙のバランスを保って成り立っている」という考え方です。

絶えず力を尽くして、上や外へ広がっていくもの
(成長発展、のびやか、円滑、曲げ伸ばし)
熱や光を発し、空気の上昇や流動を引き起こすもの
(炎上、発熱、立ち上がる)
大地は万物を生み出し、育て養う存在
(養育、受納、変化)
金属は熱伝導がよく、清涼感を与え、汚れにくい存在
(清涼、清潔、静寂)
下に向かって流れ、ものを潤し、乾燥させないもの
(寒湿、下行、滋潤)


「相生(そうせい)」と「相剋(そうこく)」の関係とは?

五行説の中でも代表的な関係が「相性(そうせい)」と「相剋(そうこく)」です。


順送りに相手を生み出していく、「陽」の関係。つまり、おたがいを生み育てる関係があるのです。

五行では木→火→土→金→水という流れを持ちます。木が燃えて火がおこり、火からできる灰が土を肥やし、さらに土から鉱物(金)が生まれ、鉱物から水が湧き出て、その水は木を育てるという関係です。



相手を打ち滅ぼしていく「陰」の関係。つまり、相手を抑制する関係があるのです。五行では木→火→土→金→水という流れを持ちます。木は土から養分を吸収し、土は土手としての水の氾濫を防ぎ、水は火を消し、火は金を溶かし、金属でできた刃物は木を切り倒すという関係です。

働きの弱まったものは相性(そうせい)関係で励まし、強すぎるものは相剋(そうこく)関係でなだめてコントロールしています。
相生(そうせい)、相剋(そうこく)があるからこそ、お互いが助け合い、5つのバランスを保つことができるのです。漢方の考え方は、この「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」に基づいており、健康をとらえる指標としています。この理論が後に陰陽説と結びついて「陰陽五行説」となりました。

漢方の考え方は、この「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」に基づいており、 健康をとらえる指標としています。

楽天ID決済
Copyright(c)2007-2015 akadama All rights reserved.