オーダーメイド漢方 ペット用オーダーメイド漢方 牛黄(ごおう) AKADAMA COSMETIC
RSS

「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」

「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」とは、この「五行説」の「木(もく)・火(か)・土(ど)・金(ごん)・水(すい)」に人体の働き(臓器)をあてはめたものです。五臓を中心に人間の身体は機能しており、「気・血・水」などの栄養物質を貯蔵する働きを持ちます。そして、これら五臓の働きを補助するのが「六腑(ろっぷ)」です。六腑は植物などの運搬、排泄を主な働きとします。
西洋医学でいう肝臓・心臓などの臓器とは異なり、もっと広い意味で組織器官の働きを包括するもので、生理機能も含めて捉えています。例えば五臓の肝は肝臓のほか自律神経系まで含めた概念です。
五臓六腑とは、東洋医学独自の考え方で人間の内臓全体の総称です。五臓六腑は互いに助け合ったり制御し合ったりして、バランスがとられると考えます。そのバランスが崩れると、何かの症状が現れたり、病気になったりするのです。




気血がスムーズに動くように調節する機能をさします。西洋医学でいう肝臓の働きも含んでいますが、感情や自律神経と関係し、ストレスによる影響を受けやすいものです。


  • 血を貯蔵し、血の量をコントロール。
  • 眼と関連し、視力を調節する。
  • 身体のさまざまな機能がスムーズに働くよう調整する。
  • 代謝や解毒、排泄などもコントロールする。
  • 感情が不安定になる
    (落ち込み、イライラや憂鬱)
  • 筋力の低下
    (手足のしびれ、ふるえ、けいれん、爪が割れやすくなる)
  • 目の充血、かすみ、ドライアイ
  • 腹部膨満感、食欲減退
  • 生理不順、生理痛

心臓と同じ働きを持つほか、大脳にかかわる精神活動(意識、思考、睡眠など)を支えています。
身体の働き全体の統括する司令塔の役割を担っています。


  • 血が全身にスムーズに流れるように調節する。
  • 精神を司り、意識や思考活動をコントロールする。
  • 舌を管理し、味覚が正常で言葉をはっきり話す。
  • 動悸や胸の痛み
  • 精神状態の乱れ、物忘れ、不眠
  • 下のもつれ、痛み

消化吸収を通して生命力を補充する働きを司ります。栄養を運び、エネルギー源となる器官です。
西洋医学でいう消化器官や膵臓と関係しています。


  • 栄養分を全身に運ぶ。
  • 身体に水をめぐらす。
  • 血を血脈外に漏れないように統轄している。
  • 肌、唇を司る。
  • 腹痛、下痢、食欲不振
  • 血尿、血便、月経過多、不正出血
  • 無気力、疲労倦怠、痩せる
  • むくみ
  • 皮膚病、唇の荒れ

呼吸の調整機能のほか、皮膚、免疫機能、水分代謝などとも関わりがあります。
身体を取り巻くバリアのような働きを持っています。


  • 体内の水分代謝をコントロールする。
  • 皮膚や呼吸器のような外界に触れる部分が持つバリア機能を調節する。
  • アレルギー、湿疹、じんましん
  • 免疫力低下
  • 呼吸困難や胸の痛み
  • 痰、鼻水、咳、鼻つまり
  • むくみ

腎臓と同じ水分代謝の働きを担うほか、成長、発育、生殖などにも関連するので、副腎や生殖器などの働きも含まれています。


  • 親から受け継いだ気を「精」として貯蔵している。
  • 免疫力・生殖能力・ホルモンなど、生きていくのに
    必要な働きをコントロールする。
  • 体内の水分代謝をコントロールする。
  • 不妊症、月経不順、無月経
  • 耳鳴り、難聴
  • 白髪、脱毛症
  • むくみ
  • 便秘や慢性の下痢
  • 膀胱の機能低下





楽天ID決済
Copyright(c)2007-2015 akadama All rights reserved.