RSS

水毒(すいどく)とは?



リンパ液やだ液、汗など、血液以外の体内の余分な水分が、体内の所々にたまった状態です。余分なところに水分がたまり、必要なところに水分が補給されていなくて、水分代謝が乱れています。

どんな症状?

・むくみやすい
・肌がべたつき、湿疹などがでやすい
・虫刺されのあとがなかなか消えない
・息切れや咳がでる
・手足の冷え・めまい、耳鳴り、おりもの、鼻水、目やになどがでやすい
・胃がもたれる
・梅雨時に体調を崩しがち

何が原因?

水分の消耗と処理がうまく作用しなくなり、水分が滞ることが原因です。また冷えや水分のとりすぎでも起こります。甘いもの、味の濃いもの、刺激物、油もの、お酒などのとりすぎは水分代謝を乱し、水を全身に巡らせる力をなくします。

なりやすい病気

むくみ、メニエール病、胃腸障害、妊娠中毒症などに注意しましょう。

生活習慣

水分をとりすぎないことが大切です。飲みたいときは、水分代謝を悪化させる冷たいものは避け、温かいものをゆっくり味わって飲みましょう。また、カラダにたまった余分な水分を出すために、スポーツで汗をかくことや、ゆっくり入浴してたっぷり汗を流すようにしましょう。

だめのどが渇くからといって、がぶがぶ水分をとるのはやめましょう。ビールや清涼飲料水の飲み過ぎ、水分がほしくなるような、激辛や濃い味つけのものの食べ過ぎにも気をつけましょう。





水を飲むわりに尿量が少ない、汗をよくかくなどの特徴があり、むくみを伴う場合に用います。


五苓散料
ごれいさん


胃腸が弱く、手足の冷えがあり、むくみを伴う場合に用います。


六君子湯
りっくんしとう

楽天ID決済
Copyright(c)2007-2015 akadama All rights reserved.

ページトップへ