漢方薬の副作用


漢方薬も"クスリ"なので、副作用が全くゼロではありません。
漢方薬は自然の生薬なので、体質に合ったお薬を服用していればほとんど副作用はなく、非常によいものですが、自分のタイプに合わないお薬を使うと、不快な症状が起きることがあります。
専門の薬剤師に調合してもらうことが大切です。
また、副作用が疑われる場合は、すぐに服用を中止し、薬剤師にご相談ください。

また副作用とは別で、漢方薬の服用を始めた際に、下痢、吐き気、めまい、頭痛、発疹などの不快な症状が現れたりすることがあります。
これは、「瞑眩(めんげん)」という現象です。
瞑眩(めんげん)は、慢性的な症状に対してカラダが治癒に向かい始めている時に起こります。本当はその処方が合っているにも係わらず、一時的に悪化するのです。

こうした症状が現れた場合には、必ず専門の薬剤師に相談ください。
副作用と瞑眩(めんげん)の違いは判断しずらいので、これまでと違った症状が現れた時には、自己判断せずに必ず専門の薬剤師に相談をしてください。