気虚(ききょ)とは?



「気」が不足した状態。「気」は目には見えないのでわかりにくいのですが、精神的なエネルギーのこと。
気力がなく、無気力状態になってしまいます。免疫力も体力も低下し、病気になると長引きます。

どんな症状?

・疲れやすい、だるい
・抵抗力がなく、風邪をひきやすい
・胃腸が弱く、下痢しやすい
・顔色が青白く、寒がり
・筋肉がたるみやすい
・肌症状(アレルギー性皮膚炎、湿疹、アトピーなど)
・生理周期が短くなる
・不正出血になりやすい

何が原因?

過労や睡眠不足、食生活の乱れやダイエットなどによる食生活のかたよりも原因となります。過労や、人間関係のもつれやストレスなど精神的なダメージが重なると「気」の消耗が激しく、食生活の乱れで「気」を補えないときなどに起こります。

なりやすい病気

胃腸の機能の低下からなる肌トラブル、抵抗力、免疫力が低下するため、風邪をひきやすく治りにくい状態に。アレルギー性疾患、胃腸障害、不妊症、習慣性流産などに注意しましょう。

生活習慣

「気」を補う食事をゆっくり食べて、適度な運動、良質な睡眠を十分にとることが大事です。栄養バランスのよい食事を、時間をかけて食べましょう。ただし、食べ過ぎは注意しましょう。

*「気」を補う食材山芋、じゃがいも、さつまいもなどの芋類やかぼちゃ、生姜、ネギなど

だめ睡眠不足は厳禁!!「気」を補うために最低8時間はとるようにし、休日に10時間くらいまとめて眠るようにしましょう。また激しい運動は不向きなので注意しましょう。





胃腸が弱く、疲れやすく、スタミナが不足している人に適しています。


補中益気湯
ほちゅうえっきとう


血虚(けっきょ:血が不足している状態)も伴っていて、慢性的な疲労状態の場合に用います。


十全大補湯
じゅうぜんたいほとう