【赤玉漢方薬局】公式ブログ

赤玉漢方薬局IERU by AKADAMA HERBAL MEDICINE LAB.

06-6754-7007

妊活効果もダイエット効果もUP!いい事だらけの基礎体温UP法

2017.09.22

こんにちは♪
赤玉漢方薬局の末永です。

みなさんは、ご自身の基礎体温がどれぐらいかご存知ですか?
体温が低いと病気になりやすくなったり、身体に不調が表れたりするだけではなく、
のちに大きな病気の原因となってしまうこともあります。

日本人の平均体温は36.89℃と言われておりますが、
最近では、体温が36℃未満の「低体温」の女性が増えております。

体温がたった1℃低いだけで、妊娠しにくくなったり、ダイエットしても痩せなかったり、
老廃物が溜まって便秘やむくみの原因、免疫力が低下し病気になりやすいなど、女性の身体に大きな影響を与えてしまいます。

<基礎体温を上げると嬉しい効果とメリット>

①基礎代謝が上がり、エネルギーを消費し、太りにくい身体に!
「いくらダイエットしても全然痩せない」という方は、ぜひ体温を上げる方法も取り入れてみましょう。
実は、食べ物を制限しすぎるのも体温が下がる原因になります。
ダイエットで最も重要なのは、基礎代謝を上げること。
基礎代謝とは、生命維持のために呼吸や消化などで自然と消費されるエネルギー量のこと。
これを高めると、食事制限やキツい運動をしなくても太りにくく、痩せやすい体質になっていきます。
体温が1℃上がることで、基礎代謝量は13%~15%もアップすると言われています。

② 血流アップで子宮が温まり妊娠しやい身体に!
基礎体温が低く冷えた状態は不妊の原因になってしまいます。
妊活をしているのに成果が出ないという方は、低温期だけでなく高温期でも35℃台だったりしませんか?
基礎体温が低いということは、血流が良くない状態です。
子宮周りの血流も悪く温まらないため妊娠がしづらくなってしまうのです。
逆に体温を1℃上げることで血流がアップし、子宮周りも温まりやすくなり、妊娠しやすい身体になります。
妊活中の方はぜひ体温を上げる「温活」をはじめましょう。

③血流がアップで冷え性や肩こりが改善!
慢性的な肩こりや冷え性の悩みを抱えていませんか?
実はこれも体温が低く血流が良くないことが原因になっていることがあります。
肩こりは、筋肉が凝り固まって血流が悪くなるために起こります。
冷え性は内臓の血流が悪いために、冷えを招いています。
体温を上げて血流が良くなると、肩こりや冷え性も改善されます。

④ストレスに強く、免疫力がアップして病気になりにくい健康な身体に!
基礎体温が1℃上がると免疫力が30%アップすると言われています。
体温が上がると血流が良くなり、白血球が風邪ウイルスやインフルエンザウイルスを駆除する力がアップします。
また、低体温の方がガン細胞の増殖スピードが早いということも知られています。
体温を上げることでガン予防にも効果が期待できます。
体調が何だか良くないという方でも、体温が上がることにより、すごく調子が良くなったという方も多くいらっしゃいます。

⑤新陳代謝が活発になり細胞レベルから若々しく!アンチエイジング効果も!

<体温をアップする方法>

● 入浴
1日1回、必ず湯船に浸かり体温を上げる!
朝でも夜でも自分の生活リズムに合わせて入浴しましょう。
湯船に10分程度つかれば、大体体温が1度くらい上がります。
大切なのは毎日続けることです!
最近はシャワーで済ませる方も多いようですが、5分~10分程度でかまいませんので、出来るだけ湯船に浸かるようにしましょう。

● 白湯を飲む
朝は1日の中で最も体温が低い状態なので、冷たい水を飲むと体温が下がりすぎてしまいます。
出来るだけ冷たい水ではなく白湯を飲みましょう。
夜寝る前に飲むと寝ている間に体が温まり、体温上昇効果がUPします。

● GABA(ギャバ)を多く含む食品を食べる。
ストレスによる体温の低下を防ぐためには、ストレスを緩和する成分「GABA」を多く含む食品を食べましょう。
GABAはストレス緩和のほかにも成長ホルモンの分泌を促す効果もあるため、アンチエイジング効果におすすめです。
GABAを多く含む食品には、玄米、かぼちゃ、じゃがいも、トマトなどがあります。

● 腹巻き、カイロ、湯たんぽ
女性に限らず冷えは大敵です。これからの季節、特に体を冷やさない外側からの工夫もしましょう。
女性がズボンの下にタイツを履くように、男性もズボン下用の下着を1枚増やすことをおすすめします。

また、「体温を上げる」作用のある漢方薬もございます。

<体温を上げる作用のある漢方>

●八味地黄丸(ハチミジオウガン)
血液の循環を改善させることで体温を上げる効果を持った漢方薬。
体の冷えを取り除く作用があります。

●人参湯(ニンジントウ)
体温を上げる以外にも、消化・吸収の働きを活性化させる効果を持った漢方薬。
腹部や手足の冷えがあり、さらに下痢や食欲不振などの胃腸機能が低下している場合に用いられます。

●当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
生理不順や不妊症、更年期障害といった女性特有のトラブルによく使用される漢方薬。
血行促進やホルモンバランス調整などの効能を持っています。

●五積散(ゴシャクサン)
体の冷えや湿気が原因で起こる腰や関節の痛みなどに使用される漢方薬。
冷え性や胃腸虚弱な方で、比較的症状の軽い腰痛、関節痛、頭痛、更年期障害、
感冒等の症状を改善します。

ご自身の症状に合った漢方薬を利用しながら、本日ご紹介させて頂いた方法を取り入れ、
低体温を改善し、健康体、健康美を目指しましょう。

====================================================

赤玉漢方薬局では、女性ベテラン薬剤師が、
じっくりとお話しをお伺いし、
お悩みに応じたオーダーメイドの漢方薬を 処方しております。
ご病気の方、遠方でお越しになれない方には、
ホームページより、ご相談を承っております。

ご相談の方は下記より↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

赤玉漢方薬局 漢方薬 漢方

 

 

 

大阪市生野区新今里3-5-16
電話:06-6754-7007
http://www.akadama.net/
受付時間:月曜日~金曜日(9:00-17:30)
*インターネットからのご相談は365日24時間可能です。
インターネットからのご相談はこちら↓

カテゴリー 未分類
タグ / / / / / / / / /

SEARCH

RECOMMEND TOPICS

NEW TOPICS

CATEGORY

TAG

SEARCH

RECOMMEND PRODUCTS人気商品


top