【赤玉漢方薬局】公式ブログ

赤玉漢方薬局IERU by AKADAMA HERBAL MEDICINE LAB.

06-6754-7007

新型コロナウィルス感染症 2 ~ 日本

2021.05.12

『週刊朝日MOOK 未病から治す本格漢方2021』引用
新型コロナウィルス感染症1~続き
————————————————————-
日本
中国が西洋医学と中医学を組み合わせてコロナを抑え込んでいた一方
日本では、20年第一波のとき、コロナへの対応に苦慮していた。

西洋医学では、臨床試験で有効性・安全性を確認できて初めて薬剤の使用が承認される。
そのためには十分な被験者が必要となる。
こうした科学的根拠(エビデンス)に基づく考え方は
コロナのような人類が初めて遭遇する感染症に対しては適用せず
遅きに失してしまう。

そんな日本では、コロナ治療に漢方という選択肢はなかなか入ってこない。
PCR検査で陽性と診断されたら隔離され
隔離先の大きな病院では、多くが西洋医学に基づいて診療し
患者自ら漢方の専門医にかかることもできない。
また漢方専門医が少ないことも背景にある。

第一波のころ、自覚症状のあった軽症者や、感染の不安にさいなまれる患者に対して
漢方を処方した医療機関もあったが
日本東洋医学会のホームページには
「中国発の新しい生薬製剤使用に関する注意喚起のお知らせ」が掲載され
「清肺排毒湯」をむやみに投与しないように通達が出ていた。

日本の医療では、西洋医学が中心である。
中国では西洋医と中医が、それぞれ独立した医師免許を持っているのと事情が違い
日本では西洋医の免許を取得した医師でなければ
漢方治療ができないという事情もある。

そして、西洋医学では漢方をなかなか認めない。
臨床試験をおこなうなど科学的根拠に基づく医療(EBM)という西洋医学的な考え方が
個々の体質や症状に合わせた個別化医療の漢方にあてはまらない。

感染症に対する漢方の効用は、太古から認めており
20世紀でも100年前の「スペイン風邪」のときには
日本でも漢方による治療の有効性が示された。

そんな中漢方が西洋医学に寄与するために
コロナに対する臨床研究への着手が日本東洋医学会の主導で進みつつある。
研究の内容は、漢方がコロナの治療において活路を見いだせる予防と軽症者の重症化抑制、
回復期の後遺症対策という点に絞って始められる。
このほか、北里大学では、「漢方プロジェクト」を立ち上げた。
—————————————————————————

新型コロナウィルス感染症3に続く

========================================

赤玉漢方薬局へのご予約・お問い合わせ・商品のご購入はLINEから♡
@赤玉漢方薬局 でID検索できます♪

赤玉漢方薬局
IERU by AKADAMA HEARBAL MEDICINE LAB.

大阪市生野区新今里4-9-23
電話:06-6754-7007
http://www.akadama.net/
【営業時間】
月・火・水・金:10:00 ~ 18:00
土:10:00 ~ 15:00
【定休日】
木・日・祝

インターネットからのご相談はこちら↓
*インターネットからのご相談は365日24時間可能です。
【オンラインカウンセリングフォーム】
http://www.akadama.net/blog/order-kanpou-monshin/

【ダイエット オンラインカウンセリングフォーム】
https://www.akadama.net/diet-form/

========================================

↓↓  ♡ Welcome!follow ♡ ↓↓
*インスタ
【赤玉漢方薬局 (akadamakampo)】
https://www.instagram.com/akadamakampo/

【IERU by AKADAMA HEARBAL MEDICINE LAB.(ieru.co.jp)】
https://www.instagram.com/ieru.co.jp/

*Facebook
【赤玉漢方薬局 】
https://www.facebook.com/akadamakampo/?ref=settings

【IERU by AKADAMA HEARBAL MEDICINE LAB.】
https://www.facebook.com/IERU-139180046719459/

カテゴリー 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) / 本・映画
タグ

SEARCH

RECOMMEND TOPICS

NEW TOPICS

CATEGORY

TAG

SEARCH

RECOMMEND PRODUCTS人気商品


top